So-net無料ブログ作成
検索選択

夏真っ盛り!

いつものことながらご無沙汰しました、真柴です。

サンシャイン劇場では、『時をかける少女』がラスト一週間となりました。
いやいやいやいや、稽古中は、「土曜日はこれを三回やるのか……ほんとにやれんのか!?」なんて思ってましたが、みんな、やってくれましたー!!

成井さんをはじめ、いろいろな人がブログなどで触れていますが、初日には原作の筒井康隆先生がご夫妻でご来場くださり、温かいお褒めのお言葉をいただきました!!
……緊張したー。
原作をお借りした方々とお会いする経験は何度もありますが、何しろ、この『時をかける少女』を筒井先生が書かれたのは50年前。
この50年間に、何度も映像化され、もちろん私も大好きで、とてもとても特別な作品なので……緊張したー。
終演後、お会いした筒井先生が、本当にニコニコされていて、ぐっとくるものがあったのですが……先に加藤さんが目を真っ赤にしてて……嬉しいやら、おかしいやら……。
筒井先生、奥様、そして編集の郡司さん、本当にありがとうございました。大阪でも頑張ります。

さてさて、『時をかける少女』の次は、男前ユニット・ARMsの新作です。
今回はいつもと趣を変えて、劇場で。そして、ARMsでは初めて男性の作家さんの原作をお借りしてやります! その作家さんとは……浅田次郎さんです!!
……緊張する……。
振り返れば、真柴が初めて浅田先生の作品に触れたのは、1993年の舞台『プリズンホテル』でした。
えっ、もう22年も前なの!?
鈴木勝秀さんの構成・演出で、ショーマの川原和久さんや、西牟田恵さんが出演されてて、もうもう、すっごくカッコいい舞台でシビれました。
早速、原作を読み、舞台とはまた違ったシビれ方をし、『地下鉄に乗って』や『鉄道員』に胸を震わせ、その後もずっと、浅田先生のパワフルな執筆姿勢に圧倒され続けています。
そして、今回の『ピエタ』。文庫本で50ページの短編です。
仲村プロデューサーが、いつか舞台化したいと思っていたという作品で、短いのに、読み返すたびに新しい発見があるんです。……緊張してます。
当たり前ですが、がんばります。
ぜひ、ARMsに会いに来てください!!!

詳細はこちら。→http://arms-hp.tumblr.com/nextstage

おまけ。稽古中に誕生日を迎えたイケメン……?……あっ寝てた、えーっと、そうです、イケメンたち。ゴホゴホ。

150713_1542-010001.jpg

7月13日生まれの毛塚陽介。

150718_1636-01.jpg

7月18日生まれの三浦剛。

二人とも、微妙に猫背なのは、撮影しようとしてる私の身長に合わせてくれたためと思われます。
ありがとう。おめでとう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。